Sponsored
Bifi Labo

大事なのは摂取の仕方だった!ビフィズス菌(ロンガム種)が便通を改善するってホント?!


日本人の多くの人が抱えているお通じの悩み。
せっかくの美味しい食事も楽しめない。
なんだか見た目も気になってきて、
お気に入りの洋服もおしゃれに着こなせず気持ちが落ち込んだり・・・。

そんな経験、ありませんか?
▼私、こんなに頑張ってるのに・・・
夜寝る前に常温のお水をコップ一杯飲んだり、
食生活を見なおしたり、腹筋運動で筋肉をつけたり。
努力しているのになかなかうまくいかない。
昔はそんなことなかったのに年を増すごとになんだかひどくなっている気がする。

それもそのはず。
おなかの健康に重要な働きをしてくれるビフィズス菌は年齡とともに減少してしまうんです。
▼成人では約10%まで低下?60歳ごろには1%以下?
生まれたときは腸内細菌の99%以上がビフィズス菌で占められています。
でも成人になると約10%にまで低下し、60歳ごろには1%以下になってしまうと言われています。(※1)

※1 光岡知足著「腸内細菌の話」より改変。
▼お通じの悩みにはビフィズス菌!
お通じの悩み、なんとかしたい!
今回はそんな方に朗報です。

食品摂取によるヒト試験の学術論文を調査したところ
ビフィズス菌(ロンガム種)が腸内フローラを良好にし、便通を改善することが確認されたのです。
つまりビフィズス菌が便通を改善するという科学的な根拠が見つかったということなんです。

では、ビフィズス菌を上手に摂るにはどうすれば一番良いのでしょうか。
▼日本初!(※2)ビフィズス菌配合の機能性表示食品!
そこでオススメなのがヘルスエイド® 「ビフィーナS(スーパー)」です。
ビフィズス菌の研究を始めて30年以上、創業120余年の森下仁丹株式会社が開発した、
ビフィズス菌配合の機能性表示食品です。
「からだのどこに、どう良いの?」が表示されているから、信頼できます。

※2 消費者庁に「機能性表示食品」の届出受領された食品のうち、ビフィズス菌を機能性関与成分としている食品として日本初

▼ビフィズス菌は弱い?
非常にデリケートで熱や酸に弱く、そのまま摂ってもほとんど生きたまま腸まで届かないビフィズス菌。
せっかく摂るなら、少しでも生きたまま腸まで届けたいですよね。
そこで森下仁丹は、独自技術の『ハイパープロテクトカプセル』を開発。
人工胃液中の生存率の試験では、このカプセルに守られたビフィズス菌の約90%が生き残りました。

日頃便通に悩む筆者も「ビフィーナS(スーパー)」を試してみました。
パッケージの中にはたっぷり30日分のスティックが入っています。
スティックをあけると、白い小さな粒と黄色いカプセルが顆粒タイプになって混じっています。
この黄色いカプセルが『ハイパープロテクトカプセル』のようです。

カプセルとはいえ、とても小さいから顆粒感覚で水と一緒に飲めます。
風味は甘酸っぱく飲みやすいレモン風味で、ラムネのお菓子のような清涼感がとっても美味しいです!
サプリメントの独特な味が苦手な筆者でもこれなら毎日おいしく続けられそう!
今では飲み続けて2週間ほどが経ちますが、
最近なんだかすっきりしてきたような気がします。!(※3)

さらに嬉しいのはそのお値段。
定期コースだと、一日たったの102円とお財布にも優しいので、これなら私も毎日の習慣として続けられそうです。
※3 個人の感想となります。
▼初回限定キャンペーン中!
少しでも多くの人にビフィズス菌を摂ってほしい!
そんな思いから30日分を初回限定23%OFFでお買い求めできるキャンペーンを実施中です。 さらに嬉しい送料無料

便通を改善したい方、
腸内フローラを良好にしたい方、
そんな方はぜひ、ビフィズス菌生活を始めてみてください。

>>森下仁丹のヘルスエイド® 「ビフィーナS(スーパー)」について詳細はこちら